Staff

私たちは「外国人に伝わる外国語」をお届けするために、
豊富な実績により蓄積された経験をもとにご満足いただける翻訳を行っております。
皆様のご要望をお聞かせください。様々なご依頼に私たちが対応いたします。

代表
スティーブン・キング
出身:
英国リーズ市
プロフィール
1997年に英国レスター大学を卒業後、北海道の魅力に心惹かれ来日。2006年、北海道旭川市にて(株)ノーススター・ランゲージサービスを設立。2021年に事業拠点を旭川から札幌に移し、全国の企業や市町村に翻訳・通訳サービスを提供しながら、「外国人観光客おもてなしセミナー」等で講師を務め、北海道のPRと地域活性化にも力を注いでいる。
外国語対応環境整備を目的とした、現地調査や表記の多言語化、ガイドライン策定の監修など、観光関連事業に多く従事している。
コメント
日本の言葉と文化に魅せられ、日本に移住してから23年以上が経ちました。
それでも今なお、北海道は新たな発見のある魅力あふれる場所です。
北海道の魅力を世界中の人に正しく、その良さが最大限伝わるよう、発信していきたいと思っています。ノーススター・ランゲージサービスは、馴染みのない異なる文化や言語でビジネス拡大を目指すお客様にとって、暗闇を照らす北極星のような光となれるよう、心を込めたサービスを提供していきます。
プロジェクトマネージャー
古越 万紀子
出身:
北海道旭川市
プロフィール
高校生の頃から英語に興味を持ち、千葉の外語大学に進学、英米語学科を専攻し語学を学ぶ。更なる語学力向上を目指し、卒業後1年間オーストラリアのメルボルンに渡豪。その後地元旭川に戻り、英語を使った仕事をしたいと考えていたところ、2015年に現職と出会い、入社。プロジェクトマネージャーとして各案件の全体管理・進行、最終編集作業を担当している。
コメント
私たちの仕事には、全く同じ内容のご依頼はありません。翻訳を必要とされる理由や、目的、お客様のご要望も多種多様です。ご相談やご希望を丁寧におうかがいし、十分理解した上で、最も適切と判断する作業工程等をご提案させて頂きます。近年、機械翻訳技術がすさまじい進歩を遂げていますが、それでも「人」が伝えたいと願う「想い」の多言語化においては、やはり「人」による翻訳作業が必要不可欠と感じています。お客様の想いに寄り添い、不安なくご利用いただけるサービス提供をスタッフ一同心がけております。
日英バイリンガルチェッカー
藤原 佐和子
出身:
岡山県岡山市
プロフィール
幼少期はアメリカ合衆国で3年、高校の3年間はオマーン国で過ごした。この経験から、様々な文化背景を持つ人を繋げる仕事に興味を持ち、ツールとなる語学力強化のため神戸市外国語大学に入学。同大学で通訳を学び、2012年に卒業。大学卒業後は神戸の企業で勤めていたが、のびのびとした環境で子育てをしたいという想いから、2018年に北海道旭川市への移住を決意。翌年2019年に(株)ノーススター・ランゲージサービスに入社。主に英訳の校正を担当している。
コメント
異なる文化背景をもったメンバーが集まっているからこそ気付ける点や選べる言葉があります。お客様のメッセージを他言語の読者に正確に、そして心に響くように伝えるため、ノーススター・ランゲージサービスでは案件の大きさに関わらず、複数人が携わり、話し合いを重ねて訳文を仕上げています。機械翻訳ではできないサービスで、少しでもお客様のお力になれれば嬉しいです。
日英翻訳・通訳者
クレイグ・マレー
出身:
英国アバディーン市
プロフィール
大学時代に、仏語/西語から英語への通訳・翻訳を学び、在学中にはフランス、スペイン、スイスへの留学経験を持つ。その後北海道に移住し、この地の虜となる。趣味のサイクリングでは鹿児島から札幌までの縦断経験を持つ。この日本縦断旅行は、地域ごとの特色ある文化や歴史に触れ、素晴らしい人々と出会う貴重な機会となった。
通訳や翻訳をとおして、馴染みのない言語や文化を深く理解するための手助けをしたいと思っている。
コメント
近年、機械翻訳技術は飛躍的に進歩しています。ただし、それはあくまでも言語の置き換えを可能にしているものであり、その言葉の奥に込められた本来の意味や意図までは汲み取ることはできません。海外でのビジネスや観光旅行といった多くの場面でも、機械的な言語変換ではなく、人と人とのコミュニケーションが重要と考えます。お客様の対外的なコミュニケーションを円滑にし、新たな可能性を開くため、チーム一同持てるスキルと経験を最大限に生かし尽力しています。
PAGE TOP